1Lパックのまんま!巨大コーヒーゼリーを作ってみた!

1Lパックのまま巨大コーヒーゼリーを作るという記事を見つけたので、真似して実際に作ってみることにしました。

用意する材料は、1Lパックのコーヒー(65円)ゼラチン(159円)だけ。すべて税別。

1Lパックのコーヒーとゼラチン

1Lのコーヒーをゼリーにするにはゼラチンが6袋中の4袋必要と判明。結構要るもんですね。

ゼラチン裏書

マグカップにゼラチンを入れ、少量のコーヒーで溶かします。

マグカップにゼラチンを入れ、コーヒーで溶かす

それを混ぜると、寒天っぽくなりました。横で子供たちが喜んでいます(笑)

寒天っぽくなった

電子レンジで80℃に温めます。

電子レンジで80℃に温める

電子レンジを開けてみたら爆発してました。突沸ってゆーやつでしょうか?片づけるのが大変です。

温めたゼリーの素が爆発

おかげで、熱くなったコーヒー&ゼラチンに冷たいコーヒーを入れるゆとりがマグカップ内に生まれました(苦笑)熱すぎるゼリーの素をそのままコーヒーに注ぐとすぐにゼリーになってしまうので、冷たいコーヒーで冷ましてやるやる必要があるのです。

熱くなったゼリーの素に冷たいコーヒーを注いで冷ます

これを残りのコーヒーの入ったパックに注ぎます。

コーヒーの入ったパックに温めて冷ましたゼリーの素を注ぐ

パックのまま冷蔵庫の中へ入れます。4時間。ここまで10分ほどのことですが、すでに子供たちはどこかへ行ってしまいました(苦笑)

パックのまま冷蔵庫の中へ

4時間後に確認すると、バッチリ固まっていました。子供たちは喜んでいます。

4時間後、固まっていた

パックを包丁で切り裂いて中身を取り出します。

パックを包丁で切り裂いて中身を出す

残念ながらキレイには出せませんでした。

パックにゼリーが付いてキレイに出せず

巨大コーヒーゼリーの完成!上面(写真手前)だけがツルッとキレイです。

巨大コーヒーゼリーの完成

そのまま食べてみると普通に飲むよりも甘みが少ない感じ。そこで甘いフレッシュを作ることにした。

我が家には牛乳がないので、豆乳を温めてそこに砂糖を入れ、フレッシュの代わりとなるものを作りました。

豆乳フレッシュをかけたコーヒーゼリー

市販品にも負けないくらいに美味しかったです。しばらく、食べ飽きるほどコーヒーゼリーを食べることができます(笑)

スポンサーリンク







シェアする

スポンサーリンク